佐久間 拓海:OB/OGの声

Voice
佐久間 拓海 
Takumi Sakuma

朝日航洋株式会社 航空整備士/航空整備科(回転翼) 2015年卒業

国際航空専門学校で仲間と助け合いながら学んだ経験が
ヘリコプター整備の現場でも役立っています。

父親が空港で働いていたため、自然と航空業界に興味を持つようになりました。航空整備士を目指すにあたっては「十分な実習機材が揃っている環境で学びたい」との思いがあり、アクセスの良い立地にありながらも、その条件を満たしている国際航空専門学校はまさに理想的な環境でした。

在学中は、教官方が過去に経験した整備現場でのエピソードを話してくださることも多く、実際の仕事で求められることを具体的にイメージすることができました。実習で初めてヘリコプターに乗り込んで地上試運転を行ったときに体感した音や振動は今でも鮮明に覚えています。就職試験対策としては、面接の指導をしていただいたおかげで落ち着いて試験に臨めました。

現在はヘリコプターの工場整備を担当していて、整備が完了した機体が飛び立ち、さまざまな業務で活躍している姿を見たときには大きなやりがいや喜びを感じます。整備作業は安全運航のために欠かせない業務ですが、決してひとりではできません。機体を無事に飛ばすには、先輩・後輩・同僚といった仲間たちとの協力が必要です。国際航空専門学校で良き仲間に恵まれ、「仲間と助け合いながら目的を達成する」という経験ができたことは、現在の仕事にも役立っていると感じます。

今後の目標は、運航整備と工場整備の両方を経験し、整備士としての知識や技術を高めていくことです。皆さんといつの日か航空業界で一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

このページの先頭へ戻る