村中 康広:教官からのメッセージ

教官
村中 康広 
Yasuhiro Muranaka

JALグランドサービスから赴任/エアロサポート科教官

裏方の仕事にプロ意識を持とう。

航空機の発着における航空機地上支援業務(グランドハンドリング)の実技を担当しています。具体的には、航空機への手荷物・貨物・郵便物の搭降載、マーシャリング、翼端監視業務などさまざまな仕事があります。私の場合、高校生の時に飛行機に乗って、空港の仕事に憧れたのがこの道に進むきっかけでした。この仕事についてから、航空機の大型化と、それにともなう分業化を実際に体験してきました。
 

昔は何から何まで一人でやっていたことですが、今は作業の全容が見えないくらい分業化が進んでいます。しかし、どんなに分業化が進んでも、裏方の仕事にプロ意識を持てるのが一流のグラハンマン。

また、5時6時からの早起きも多いので、自己管理できない人には難しい仕事です。私も早起きできるよう、自分なりの訓練をしたものです。
このページの先頭へ戻る