髙橋 幸子:教官からのメッセージ

教官
髙橋 幸子 
Sachiko Takahashi

JALスカイ(出向)より赴任/エアロサポート科ビジネスコース教官

現役のグランドスタッフによる指導で
ホスピタリティマインドと
異文化理解力を深めます。

小学生の頃に妹と2人だけで飛行機に乗る機会が多くあり、優しく対応してくださったグランドスタッフの方に憧れるようになりました。その憧れを胸に、高校時代にはアメリカに留学。さまざまな国籍のクラスメイトと関わる中で、自分の国について理解して誇りを持つことの大切さを学びました。

日本航空を志望したのは、日本の伝統的なおもてなしを大事にしながら、国際線業務に携わりたいという気持ちが大きかったからです。空港では、主にカウンターやラウンジでの業務を担当していました。自分が旅行した際の体験がお客さまとの共通の話題になることもあり、グランドスタッフは自らの知識と経験の全てを生かせる仕事だと思います。

新設するビジネスコースは少人数のコースなので、個別の希望にも柔軟に対応でき、知りたいことが学べる環境が整っています。ホスピタリティマインドにあふれ、自ら考えて行動でき、即戦力となる人財を育成することを目指し、ビジネスマナー、サービス介助、接遇とアナウンスの実習のほか、整備やグランドハンドリング実習を見学する研修も予定。

外国籍のお客さまと会話を楽しめるように、英語力のほかに、日本のことを説明できる力も身に付けられるカリキュラムを組んでいます。

現役のグランドスタッフが教官を務めている国際航空専門学校なら、最新の業務内容について実践的に学ぶことが可能です。いつの日か、ここで学んだ皆さんと一緒に働くことができたら、それに勝る喜びはありません。

このページの先頭へ戻る