施設・実習機紹介

施設

最良の教育環境が優れた航空技術者を育てると、国際航空専門学校は考えています。その考え方は、情熱と経験をもった教官、専門的なカリキュラムに加えて、充実した施設や設備、スケジュールなどにも表れています。航空業界へ向かうために、本校の扉は開かれています。

精密機器の測定や基本部品の取り扱い、工具の使用法などを習得する「基本作業場」。本物の小型飛行機やヘリコプターなどを使って実習を行なう「機体実習場」。
その他、「発動機実習場」「装備品実習室」「コックピット実習設備」「油圧脚操作実習設備」などが設けられています。こうした施設・設備の中で理論と実習を積み重ねていくことで、本物の航空技術者が誕生します。

  • 1号館

    1F機体実習場
    基本作業場(1)
    2F座学教室
    基本作業場(2)
    3F計測室
    スカイホール
  • 2号館

    1F機体実習場
    2F事務室
    3F教官室
    座学教室
  • 3号館

    1Fヘリ及び飛行機機体実習場
    2F装備品実習室
    コンピューター室
    座学教室
    進路指導室
  • 5号館

    1F座学教室
    女子ロッカールーム
    2F座学教室
    コックピット実習設備
  • 6号館

    1F機体実習場
    2F座学教室
  • 7号館

    1F図書館
    保健室
    2F女子更衣室
    研究室

実習機

  • ビーチ B55
    (バロン)

    航続距離780マイル(1,255km)と、本州を軽く縦断できる性能を持つ双発飛行機。製造会社は、アメリカのビーチ・エアクラフト・コーポレーション。

    ・全幅11.53m
    ・全長8.31m
    ・自重1,372kg
    ・最大速度380km/h
    ・乗員1名
    ・旅客5名

  • FA200
    (エアロスバル)

    富士重工が製造した国産機。旅行はもちろんアクロバット飛行にも使われる。これは航空大学校の訓練機として活躍した機体。

    ・全幅9.42m
    ・全長7.98m
    ・自重650kg
    ・最大速度230km/h
    ・乗員1名
    ・旅客3名

  • パイパーPA-28RT
    (アローⅣ)

    製造会社はアメリカのパイパー・エアクラフト社。「アロー」「チェロキー」などさまざまなシリーズがある。

    ・全幅10.80m
    ・全長8.23m
    ・自重723kg
    ・最大速度276km/h
    ・乗員1名
    ・旅客3名

  • ベル式 206B
    (ジェットレンジャー)

    ベル社製単発ヘリコプター。使用事業や警察、海上保安庁等でも使われているおなじみの機種。海面上を時速219kmで巡航できる。

    ・全幅10.16m
    ・全長11.82m
    ・自重660kg
    ・最大速度225km/h
    ・乗員1名
    ・旅客4名

  • MBB BO-105SB

    メッサーシュミットベルコウブローム(現エアバス・ヘリコプターズ)社製双発ヘリコプター。
    1990年読売新聞航空部でよみうり132号として運航し、地下鉄サリン事件、北海道南西沖地震等で活躍。

    ・全幅9.82m
    ・全長11.8m
    ・自重1,372kg
    ・最大速度269km/h
    ・乗員1名
    ・旅客4名

  • セスナ 172E
    (スカイホーク)

    飛行機の世界的メーカーの一つセスナ・エアクラフト社製。スカイホークは、1956年から大量生産され、世界で最もポピュラーな軽飛行機。

    ・全幅11.0m
    ・全長7.96m
    ・自重641kg
    ・最大速度202km/h
    ・乗員1名
    ・旅客3名

  • 資料請求
このページの先頭へ戻る